open close

Menu

12-2月限定 冬の食養薬膳

<2019.12/1 ~ 2020.2/29>

「食養」とは毎日の食事で健康を作ること。 そのため身近な食材を使った食養薬膳は、
食べやすく健康にも良い料理なのです。 冬は「寒邪」(寒さによる病)から身を守るために
栄養の補充に努め、体を温める。「温熱性食品」を多く摂るように心がける。
腎を養い身体を滋養するメニューをご用意しました。
【監修】中国料理総調理長 天光 幹明


冬の食養薬膳


image image

※2名様用

海老と独活の塩味炒めで、ともに腎を養い機能を高めます。また、たっぷりの細切り葱、生姜を加える事で代謝を高め、身体を温め胃腸の調子を整えます。身体を温めてスタミナをつける、さっぱりとした炒め料理です。

¥1,760(税込・サ別)

image image

※2名様用

腎を養い身体を滋養する豚肉と、カルシウムと鉄分などの栄養豊富なヒジキの醤油煮込みです。ビタミンCが豊富な、ほうれん草との組み合わせで鉄分の吸収をより促す働きがあります。また、四川山椒を加えることで身体も温まり、消化力を増し食欲増進に繋がります。また、涼性食材のほうれん草を添えて食性のバランスをとりました。山椒のしびれる味わいが後をひく、豚肉の柔らか角煮です。

¥2,200(税込・サ別)

image image

※2名様用

鶏肉は、消化器系を温め、気を補い臓腑を滋養します。「温熱性」の豆板醬や唐辛子の辛味がさらに身体の芯まで温めて食欲を増進させます。「甘涼滋陰」の性質の白菜を副菜とし、甘味も感じられるとろみスープ料理。春雨や冬季保健食品のニラ、ニンニクなども入り、寒い日の食欲のない人や元気を出したい人にお薦めの料理です。

¥1,650(税込・サ別)

※価格は税抜きです。別途、サービス料(10%)を頂戴いたします。

※上記メニューは、アラカルトでご用意しております。

大手町LEVELXXI 東苑でもお召し上がりいただけます。

pagetop
Open Close