如水会舘

open close
Cuisine
Cuisine

東京會舘の本格フレンチでおもてなし

ご用意するのは世界のVIPをもてなす東京會舘の本格フレンチ。
「手作り、できたて」にこだわり、一品一品 一番美味しい状態でサーブします。
例えば、Consommé はフランス語で「完成された」という意味で、
東京會舘のダブルコンソメスープは一日目3~4時間かけてブイヨンスープを取り、
それをベースに同様以上の時間をかけて琥珀色のクリアーなスープに仕上げます。
その作業はまさにConsommé という言葉にふさわしく、この味をおふたりの記念日に彩ります。

Wedding Cuisine

image

Special
スペシャル

「Special」というメニュー名にふさわしく、フォワグラ、金箔、オマール海老など食材・産地からこだわった品々をご用意した食の祝宴。中でも国産牛リヴロースは1頭あたりから僅かしかとれない厳選された部位を使用。全ての料理に職人のこだわりと技が集約された最高の料理で、素晴らしいひとときをお過ごしください。


image

Royal
ロイヤル

三ツ星を獲得したギィ・マルタン氏が東京會舘でフェアを行った際のピラミッド型オードブルから始まり、伝統のブイヤベース、舌平目のアンバサード風など新旧を取り入れたメニュー。Specialメニューに引けをとらない食材選びや、仕込みに時間をかけ1品1品を丁寧にしたためた贅の極みとなるコース。


image

Classic
クラシック

1975年にエリザベス女王陛下が来日され、東京會舘での歓迎午餐会の際「プリンスアルベール」がサービスをされ40年以上の月日が経ちました。100周年を迎える東京會舘の輝くメニューの1品であり、そこにボンファムが加わったこれぞ”東京會舘”のメニュー。本物の『おもてなし』を是非ご堪能ください。


image

Japonaise
ジャポネーゼ

和食の調理人とフレンチのシェフが婚礼メニューでコラボレーション。日本伝統のお箸文化を取り入れた和と、結婚式ならではのおもてなしを象徴するフレンチ、互いの良さを存分に引き出した新鮮かつ安心感のあるメニュー。親族を中心としたパーティーや家族婚にもぴったりのコースです。


image

Standard A
スタンダード A

花畑に見立てたシュリンプ、スキャーラップがハーブを纏い、彩りに溢れたオードヴルからスタート。如水会館イチオシの鮃のムースはウニの濃厚なソースでパンとの相性も抜群。最後の一口まで愉しめます。


image

Standard B
スタンダード B

東京會舘伝統のダブルコンソメスープはほんの少しのミネラル塩と旨味を最大限に活かし、心豊かにする祝宴には欠かせない味。御祝いの象徴である鯛を使ったポワソンメニューは、マッシュルームを刻み何時間もかけてサラサラになるまでソテーしじっくり仕上げます。


ウエディングのお問い合わせ

ブライダルフェア予約

伝統を受け継ぐ美食の数々をフェアにてご堪能ください。
平日には相談会を開催しております。お気軽にお越しください。

資料請求・お問い合わせ

如水会館でのウエディングをお考えの方は、
フォームからお問合せいただくか、お電話にてご相談ください。

03-3261-1101(10:00 - 19:00)
電話する 来館予約 資料請求