東京會舘が運営する如水会館ではご婚礼、ご宴会を承っております。フランス料理、日本料理レストランもございます。

如水会館について

History

如水会館は、一橋大学の同窓クラブ「如水会」(大正3年発足)の同窓会館として、大正8年(1919年)に建設された歴史と伝統ある会館です。洋風3階建で、部屋ごとに様式が変わり、中庭に面してゆったりとしたベランダがあるなど、凝った造りと落ち着いた雰囲気で多くの方々に愛されてきましたが、老朽化著しく、昭和57年に旧館の気品と風格の再現を図りつつ新装改築されました。その後、全館改造工事を経て現在の姿となりました。 会員の親睦と啓蒙を目的として発足した会館は、卒業生の増加とともに、広く会員以外の方にも親しまれご利用いただいています。
如水会館の沿革

【大正】

如水会館旧館
3年
如水会発足
5年
社団法人の認可を受ける
8年
会館落成、開館式挙行
12年
関東大震災により会館被害
15年
全館修復、開館式挙行

【昭和】

20年
竹橋第百部隊 全館を占拠。終戦後、天翔部隊との契約解除により、全館返還される
21年
駐留軍による全館接収命令母校を通じ到達。
25年
本舘別館建設し、会員の倶楽部を開設、食堂開業
27年
会館改修工事に着手
30年
本館改修完了、新装開館
39年
本会館において渋沢栄一寿像 再建除幕式 挙行
創立50周年記念式典・祝典を一橋講堂および如水会館にて開催
54年
旧如水会館にさよならパーティ、旧会館閉館
如水会事務所を大手町安田火災ビルに移転
55年
解体工事完了、地鎮祭、新会館の建築着工
57年
会館竣工落成披露の宴が開かれる、会館オープン

【平成】

2年
会館改造工事着手
3年
如水会館にて第1回「一橋大学新入生歓迎会」を開催。
如水会館14階北側改造工事完了、14階全フロアが一橋クラブとなる。
18年
会館3階の改修
19年
会館1,2階の改修
22年
一橋クラブ全面改修

如水会の由来

中国の古典礼記の中にある「君子交淡如水、小人交甘醴」(君子の交わりは淡きこと水の如し:才徳のある者の交際は水のようにさっぱりしており、濃密ではないが長続きする)に由来し、「流れる水のように、絆がいつまでも続きますように」との想いを込めて、明治維新において金融界ならびに実業界に活躍された、一橋大学の創設者でもある渋澤栄一により、命名されました。

如水会館Wedding

喧騒から離れた静かな一ツ橋の地にある如水会館。歴史ある落ち着いた空間で、時間に追われない、ゆったりとした披露宴が叶います。

如水会館 weddingの魅力

その他の特徴

 
pagetop
 
< >