東京會舘
open open close
img

Vol.5

Vol.5

ほかとは違う存在でありつづけること

タイユヴァンと東京會舘のおつきあいは、先代オーナー、ジャン・クロード・ヴリナの時代から長きに渡ります。
代々の東京會舘シェフがタイユヴァンを修業の場とされ、我々は技術だけでなくフランス料理に対する思いを共有してきました。私も来舘のたびにとてもあたたかく迎えていただいています。
タイユヴァンと東京會舘には、フランス料理の老舗レストランとして互いに担わなければならない責任があります。伝統と格式を守り続けること。常に上質の材料で最高の料理を提供すること。その上でさらに良いものを目指し進化すること。そしてその進化をお客様に存分に楽しんでいただくこと。すべてにおいて我々はほかとは違う存在であり続けなければなりません。
三十年前からの常連のお客様が、今度はお子さんやお孫さんを連れていらしてくださる。それもタイユヴァンと東京會舘の共通点ですね。今フランスでは、若い世代の人たちがタイユヴァンをはじめとする格式あるレストランを利用することが増えています。
彼らは、本物の場で、本物の味と、本物のサービスに触れ、自分自身の感性を試しているのです。日本ではいかがでしょうか?
さて、二〇一二年、九十周年を迎える東京會舘の、更なる進化を私も楽しみにいたします。機会がありましたら、ぜひパリ、タイユヴァンへもいらしてください。お待ちしています。


「タイユヴァン」アラン・ソリヴェレス・シェフ

Group

  • 大手町 LEVEL XXⅠ 東京會舘

    03-5255-1515 (代)
    千代田区大手町2-2-2 アーバンネット
    大手町ビル21階

  • 銀座スカイラウンジ

    03-3212-2775
    千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館15階

pagetop